メインイメージ

排気量での違いって

排気量の違いによって色々と変わってきてしまうのが自動車になります。 排気量が大きければ大きいほどどうしても消費する燃料が多くなってきてしまうため、燃費が悪くなります。 小さければ小さいほど、それだけ同じ回転数でエンジンを回してもそこまで燃料を必要としていないので、燃費が悪くなります。 これがあるので低燃費車の多くは排気量が小さめにされています。 燃費だけが影響してきているのかというと違っていて、かなり影響してきている部分があります。 影響してしまうのが税金になります。 毎年支払いしなければいけないのが自動車税ですが、この税金は排気量によってどのくらい支払いしなければいけないのが変わります。 例えば1500cc以上2000cc未満だった場合、39,500円必要としています。 これが2500ccを超えて3000cc未満になると、なんと51,000円も支払いしなければいけなくなります。 ちょっとの違いだけでもかなり高くなるのが税金です。 外車によく見られる6000ccを超えてしまう排気量になるととんでもない金額となり、11万円以上支払いしなければいけなく、かなり大きな負担となります。 排気量の違いは燃費だけでなく税金をとんでもない金額にしてしまいますので、購入の際には排気量も気にしながら検討するのが一番です。 さらに、排気量が大きくなってくると自動車の重さも当然変わってきてしまいます。 車検時に必要としている自動車重量税は、重さによって決められていて重たくなればなるほど高くなります。 大きくなればなるほど、絶対に負担しなければいけない部分が大きくなるので非常に大変になります。 見た目で選ぶことも大事になりますが、しかし後々のことを考えて見た目だけでなく必要としているお金のことも考えるようにして、購入する自動車を決めるようにしてください。 それが一番損しないそして一番長く維持していくためにも大事なことになります。

重量にも課税って

車を所有することによりかかる税金の種類の一つに自動車重量税があります。自動車重量税は、乗用車、トラック、軽自動車、バイクといった種類と ・・・続く

Copyright© 2015 車を持つとかかる税金知ってますか All Rights Reserved.